« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

シンジラレナイ~

今日はスピードボール世界大会を観戦したが、まさに表題の感想、エジプト人のプレイはソロ、シングルス共に驚異だ。エジプトの選手がフォアで145打位打った時ソロの計測をしていた火事氏は目がすこし虚ろに見えた。さぞかしカウンターを打つ手が疲れたに違いない(^^ゞ脅威の548打(平均137打)

マッスルピッピもまずまずの成績でメダル獲得m(__)mおめでとう。狂い打ち500とはいかなかったが落ち着いてプレイ出来たみたいだ。
ただエジプト フランス日本 オーストリアと1位から4位の力の差がハッキリしていて勝負を見ることについては結果が見え、緊迫感はなかったかな。しかし、なかなか凄いものをみれて良かった。20061029135015

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジム休み

ジム休みの為、練習会も休みです。この所、計測をずっとしていたので丁度いいかな。ダンベルはやらないと左腕がすぐ退化してしまうので毎日継続予定。日曜日は世界大会、君津代表マッスルピッピの銀メダル獲得に期待、北海道に負けない盛りあがりを(-_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左手睡眠

今日の測定会はイマイチだ。右の116打の貯金を他で使ってしまい411打。まぁ安定はしてるが左が睡眠中(ToT) 本日の測定はエジプトボールだったが右は芯に当たり好調だったが、苦手部門だと芯に当たらずスピードを確保できない。国産ボールのほうがスコアは安定しそうだ。今日、アントニオ寛(新名称(アゴが阿部寛に・・・))がソロに初挑戦していたが左で苦労していた。ソロは左右のバラPhoto ンスですなf(^_^)

レフティー・デーブ作 スピードボール選手名鑑

http://speedball.web.fc2.com/speedball_playerlist.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

記録、一寸更新

久々に記録更新(ガウラにて)115+103+100+98=416 3打更新。

左で初めて103回は順調な伸びである。ダンベルのおかげで、多少スタミナがついたかも。

引退した(のに来ていた)デーブは440前後で停滞しているのでジワジワ差を詰めていこう。

金曜日にパックマンが発生してしまった為、ボールの在庫あと2つになってしまった。

だが今回のは一ヶ月近く使えたので優秀なパックマンだった。ご冥福をお祈りいたしますm(_ _)m1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッスル・エンジン全開か?

いよいよ世界大会まで10日を切った。

代表選手であるMr.マッスル(ピッピ)が水曜日の測定会で470を打った。さすがにエンジン回転数が上がってきたようだ。と、思ったら世界の牛飼仙人が480打!ピッピに火を付けられ、やってしまったようだ。まさに20061019190842 日本最高峰のお二人さんにはビックリだ。

私も、お二人の勢い乗っかって、自己ベストを更新したいものだ。

←ところで、いい物が手に入った。もったいないので、しばらく鑑賞してピッピ選手が日本記録出したら得意の一気飲みしてもらうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

計測は1日1回にしよう

1015 新記録を出すつもりでやったがスタミナ切れ・・・

やはり体調を整えとかないといい記録は出そうもない。

1日に2度計測したが、スタミナ不足。

その後のシングルスの時は、体がおかしかった(吐き気、腹痛)

だが、430打までは何とかいけそうな気がしてきたので体調管理とダンベル継続。

後は走りたいのでけどなかなか時間が・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中間管理職が弱る金曜日

表題の通り、金曜日は疲れのピークだ(私の場合精神的)。それ故、体の動きはあまりよろしくない。実際に今までも金曜日にいい記録も出なかったが・・・

昨日も例外でなかったが、不調、またメディで411打が出たのは、最低ラインの引き上げが出来たのかもしれない。日曜日は新記録が出そうだ。まずは420超えかな。ダンベルで手首を鍛えないと更なる飛躍は無し。Cid_01061014084315_____d902idocomo

それにしても牛飼氏はすごい、まるでピッピさんでなく牛飼氏が世界大会に向けて調子を上げているようである(468打本人曰くマダマダだそうで)。また華麗な動きをする。元2冠王の前○氏も(今度勝手に何か命名するか)445打をたたき出し、レフティー・デーブもロックオンされた。今後の展開が注目だ。デーブのブログに最近、指立のおかげで握力が強くなったとか書いていたが、一日たった10回でそんなに握力が上がるとは思わんが、思い込みじゃないのか? Cid_01061014153213_____d902idocomo

最近、結構散財している。マイダンベル、マイグローブ(左のグローブが欲しかったが両手販売のみだった為、両手分購入)、マイボール(最近は結構破損が早い)金をかければスコアが上がる分けではないが、投資分の成果を期待したい。

レフティー・デーブ曰くソロは筋力じゃないと豪語しているが、牛飼氏や前○氏の1種目120オーバーの剛打を拝見すると、勿論完成されたフォームが必要だが、120オーバーは、男の力技だと感じる。(筋力じゃないと言ってる割に筋トレやっているみたいだが)

まぁ~、今は好きに言わせておくか・・・シングルスで負けたら奴に何を言われるか判らないので絶対に負けないようにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中々イイダンベル

今日のダンベル150回(往復)OK。腕立60回OK。今は手首運動に重点を置く。※特に左の・・・
手首運動150回(30×5回)もやればパンパンであるが、明らかに変化を感じる。
当面は左手で110打を目標にし、それから両手の練習をする予定。デーブとの約30打差を詰めていかんと・・・さすがのデーブも、しばらく停滞すると思うが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダンベル効果アリ

メディで新記録が出た。ガウラでの記録413打には届かぬものの411打。弱小左は初めて100回だ。
ダンベル効果が早くもありかな?継続の価値あり(^-^)
苦手場所で良かったからガウラで新記録の予感です。(グローブ購入OK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンベルOK

牛飼式ダンベルも、だんだん慣れてきた。これはきっとソロに有効だと思う。(ひじから下に効きます)
練習は習慣になると、さほど苦にならないものでダンベルと腕立ては既に習慣だ。継続しないと・・・デーブの”腕立て10回ok”は意味がなさそうだが(;-_-)=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地道な作業

スーパーソロはタイトルにも書いたが地道な作業だと思う。なんとなく職人的なスポーツかもしれない。(アルチザンだっけな?)

まあ、シングルスも偶然勝つということは無いが、組み合わせで結構結果が動くことがある。

私の場合、先天的左腕弱少病?だが、少しずつだがスタミナがついてきたように感じる。

昨日、久々に自身の記録を更新した。(1打だが・・・)

だが、弱小左腕次第では飛躍の可能性はあるので、牛飼式ダンベル運動をしばらく続けよう。

それにしてもデーブワールドが炸裂している。(446打)今のところデーブには言われたい放題だが、しかたないか。珍しく2回目の測定を志願してきたからよっぽど自信があったのであろう。常々、仕事を辞めスピードボールに専念するよう進めているのだがその勇気がまだ無いらしい・・・(あれば凄いが)まあ、デーブにはスポーツマンシップを勉強して欲しい。ソロで息の上がっている私をシングルに誘い勝とうとするデーブ根性はイケテナイ。(デーブには無敗)まだまだ負けるわけには行きませんな。

昨日はムッキーにも勝った(久々)相変わらずパワーを持て余している。ん~もったいないムッキー108

←そういえば総当り表、まだ全部埋まったこと無いな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の金曜日

今日は嵐だから、またまたさみしい練習になると思いきや大盛況(@_@)
10人近く集まり牛飼タイムに突入したが健康なボールが無し{{(>_<)}}
苦手のエジプトボールで沈没した。
エジプトボールは芯に当たり続ければ打ちやすいが、反対に芯をはずすとうまくない。ただ上級者はかなりのスピードがでると思う。(下級者ヨン課長)
ダンベル購入したから明日から手首運動はじめよ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モムチャンのススメ

韓国人俳優は、かなりの割合で物凄い筋肉をしている。ペ・ヨンジュンをはじめクォン・サンウ、ソン・スンホン等トップスターはやはりムキムキである。

韓国語でモム(身体)・チャン(1番)コンテストというイベントまであるそうで、身体を鍛えることは男としては、当たり前のようだ。

ちなみにドラマなどでは、モムチャン俳優が主演の場合ストーリーとあまり関係ない男優のシャワーシーン(オバサマ向サービスカット)が多数登場する。

私もモムチャンに、なれるよう鍛えなければいけませんな(>_<)

今日、会社で辞令を頂き、今月から課長に昇進した。

スピードボール界でも昇進出来るよう努力しなければ(*_*)

記念にタイトル変えよ・・・ていうか新記録出ないから、サブタイトルを変えられん(T_T)

| | コメント (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »